2017年6月23日金曜日

夕暮の川に沿うて

   夕暮の川に沿うて

川波は
岸にみちあふれていた。
ぎいぎいと間をおいて
しづかにきしる櫓の音がした。
夕暮の川に沿うて
眼の前を
白いコンクリート台地の
荒漠とした廃墟が移動していた。
礬土頁岩の大きな丘や
コークスの山は跡かたもない。
たゞ白々と光るあたりに
かつて何かがそこにあった方型の
大小無数の凹みが
口を開いていた。
あすこは何
ここは何と
人々が指さすのを聞いていると
風景はすべてある人間の名につながつていた。
だれも知るまい。
あの薄暗くなつた葦原の中ほどに
地面に向つて三十度の角度で掘り下げられた
一つの深い迷路(ラビリンス)があるのだ。
わが心のあるふしぎな願望は
たぶんさういう竪穴となつて
あすこに残つている。


「礬土」(ばんど)は、アルミナすなわち酸化アルミニウムのこと。天然ボーキサイトから抽出精製されます。高融点で化学的に安定かつ高い熱伝導性と電気絶縁性を持つため、ファインセラミックスのもっとも基本的な素材として、また、絶縁碍子(がいし)、IC基板、研磨剤、人工歯材など広い応用があります。ルビーやサファイアも着色不純金属元素を含んだアルミナ単結晶の一種だそうです。

泥が薄く層状に堆積した岩石を「頁(けつ)岩」といいますが、このうちアルミナの多いものが「礬土頁岩」(ばんどけつがん)です。礬土頁岩を一度焼いてアルミナ分を高めた、いわゆるバンケツは、乳白色や灰色をしていて、鉄分が多くなるほど赤みを増し、耐火物原料として利用されています。礬土頁岩入りのセメントは、耐火性に加えて強度の大きいセメントになるそうです。

「コークス」は、石炭や石油から生産される炭素を主要成分とする固体で、燃料、鉄鉱石の還元、炭素材料の製造などに用いられます。ふつうは石炭の高温乾留で得られるものをさし、石炭の低温乾留で得られるものは半成コークスまたはコーライトと呼ばれます。半成コークスは火つきがよく燃えやすい家庭用無煙炭として利用されてきましたが、いまでは石炭の低温乾留はほとんど行われていません。また、石油から得られるコークスは石油コークスと呼ばれます。

「ラビリンス」(Labyrinth)は、ふつう迷宮、迷路などと訳されますが、本来的にはクレタ型迷宮=写真、wiki=のような分岐のない秩序だった一本道を指していたようです。語源は、ギリシア語のラビュリントス(labyrinthos)。古代の著述家たちがエジプトなどの神殿や宮殿にあったとした複雑な構成の建物を指します。しかしその遺構は確定できず、むしろそれを象徴する文様が歴史的に意味をもち、今日の迷路パズルにもつながることになります。

古代の迷宮文様は、クレタ島、クノッソスの宮殿を舞台とする神話を背景として、呪符・護符としての意味をもっていました。クレタ王ミノスの妻パシファエと雄牛との間に生まれた牛頭人身の怪物ミノタウロスは、クノッソス宮殿にダイダロスが造ったラビュリントスに閉じ込められていたとされ、アテナイの王子テセウスが、クレタ王女アリアドネの手渡した糸の導きでミノタウロスを倒し、迷宮から帰還します。

*この荒廃はかつての重工業を裏がえしにしたあの「荒廃」ではない。これは人為的に破壊された「荒廃」の跡である。人為的にとはもちろん戦争によってということである。だが、この詩は後半「だれも知るまい」以下に力点がかかっている。新しい荒廃のなかを人間は動き出すのだし、小野の「あるふしぎな願望」もまだ残っているのだ。安藤次男はこの詩について次のように述べている。「『迷路』は現象的には忘れられた防空壕であろうが、作者の胸底の『迷路』は、子供が人に知らさぬ隠れ場を持つように、無用になったいまかえって生きている。それを作者は、〈心の傷痕〉とはいわないで、『ふしぎな願望』という」(『日本の詩歌』第20巻)《安》

2017年6月22日木曜日

タスマニヤ人参

   タスマニヤ人参

青黒い大きな鑵をきりつと切ると
タスマニヤの真赤な人参があらわれた。
私はそれを八つの皿に盛り分け
一片の代用パンをそえて食卓にならべた。
飢え渇えていた野菜だ。
それはわれらの血となり肉となるだらう。

      〇

米。
米はいまや一粒もない。
アメリカ中西部の力のある玉蜀黍を
鯨油でいつてばりばり喰う。
えらいものだ。
毎朝ばりばりやつてゐるが
小供たちは胃もこわさない。


「タスマニヤ」=写真、wiki=は、オーストラリア大陸の南にバス海峡をへだてて連なる面積6万平方キロ余りの島。かつては大陸と一体となっていましたが後氷期の海進で分離し、バス海峡が形成され、島となったとされています。 A. J.タスマンによって発見 (1642)されて以来、初期の航海者たちは長い間大陸の一部と信じられ、島であることが確認されたのは 1798年でした。

島の西部は高地で、西風を受けて降水量が多く、森林が発達。中央部の高原には湖が発達し、主要な河川が北東および南東へ流出して水力発電の水源となり、下流に河谷を形成しています。西部は鉱産資源開発、北部と南東部では農牧土地利用がみられ、ニンジン、ポテト、オニオンなども生産されています。

*救援物資の一つであったタスマニヤ人参の青黒い大きな缶をぎりっと切って、中から真赤なタスマニヤ人参があらわれたとき「日本の悲しい泥川の芽芹やしじみ貝は一ぺんに吹っとんだ。飢えかつえていた野菜がこういうかたちで眼前に現われたということにわたしは興奮した」と小野は書いている。《安》

2017年6月21日水曜日

   犬

犬が口を開いて死んでいる。

その歯の白くきれいなこと。


「犬の歯」は、歯は42本(21対)あり、32本(16対)の人や、28-30本のネコと比べると、顎が長いぶん歯の数もたくさんあります。人と比べて、切歯が上下各3本、前臼歯(小臼歯)が各4本と多く、後臼歯(大臼歯)は上顎2本、下顎3本と少ない。犬歯(牙)のほかに、裂肉歯と呼ばれる山型にとがった大きな臼歯が発達しているのも特徴です。この歯はハサミのように肉を切る働きをし、犬は食物はあまり咀嚼せずに呑み込んでしまいます。

敗戦の際、戦争に使われた軍犬は戦地に遺棄され、国内に無事に帰還出来たのは僅か数頭に過ぎなかったといいます。一方で、国内に残された訓練中の犬も日本軍の解体で行き場を失い、戦後の食糧不足の中、口減らしのため殺処分されたり、食料として市場に放出されるなど悲惨な末路をたどったようです。

敗戦直後、餓死などによって、犬さらには人間が「口を開いて死んでいる」光景を目にすることは、決して少なくはなかったのでしょう。

*この短い印象的な二行にしても例外ではないのであって、小野は自作解説で次のように書いている。「実は、これは犬ではなく、人間なのである。飢死した人間が口をあいて死んでいるのである。私は、敗戦直後、実際にそんな悲惨な光景を、駅の地下道などでしばしば目撃した。筵をかぶせてあったが、私は、詩の行為の上で、その筵をはいだのだ」(『現代詩鑑賞講座第一巻・詩とは何か』角川書店)

2017年6月20日火曜日

街で

   街で

  芽芹

女が芹を摑んできて売つている。
ぱらぱらとほぐして山に盛つて。
それはあまり遠くない郊外の
泥溝(どぶ)の中を取りつくしたという感じだ。
地平には大風車など見えない。
乾いた泥に
変色した原生虫(ユーグレナ)がこびりついているだらう。

   蜆

しじみもあんなに大きいのは
海と川の境にしかいないのだ。
夕波の白くくだける方に。
人は熊手や泥搔きのようなもので
 (すでにそれは巨人の機械力だ)
ごつそりさらつて持つてくるのだ。

  兎

アンゴラ兎が三匹。
妖婆の手籠の中にゐる。
おや、こゝはお伽話かな。


「原生虫(ユーグレナ)」、ユーグレナといえば、ミドリムシのことです。体内に葉緑体をもち、光合成を行うという点では植物ですが、体を包む細胞壁がなく、鞭毛で遊泳する点では動物ともいえる単細胞生物です。

多くは細長い紡錘形で、体の先端に貯胞とよばれる大きな穴があり、その底から長くて太い鞭毛が出ています。貯胞は収縮胞からの排水場で、物を食べる口ではないそうです。

世界で約150種ほどが知られ、湖沼、池、水たまりなどの淡水域に広く分布します。多くは、清水より有機物を含む汚れた水で生育します。とくに夏に大発生したとき、いわゆる“水の華”の状態になります。

「アンゴラウサギ」=写真、wiki=は、ウサギの一種。トルコのアンカラ地方が原産で、フランスで毛用種が作り出されイギリスでさらに改良されました。耳が短く、全身が12~15センチに達する柔らかく美しい毛で覆われている。

毛色は白色、灰色、黒色、褐色とさまざまですが、白色が毛用として好まれます。毛は年に3~4回採ることができ、毛糸や織物などに用いられます。

*やはり『奇妙な本棚』で述べているのだが、小野は芽芹を売っている女の手に河口の蜆を全部とりつくせるほどの巨大な熊手をもたせたり、兎を売っている老婆をお伽話の魔法使いにしたてあげたりしてみたのだ。小野はつづけて「例によってわたしは、見たままの現実から空想への次元の転移をやっているけれども、けっきょくのところそれははかない詠歎なのである」と述べているが、これは小野の「夢」の方法をあてはめるにも当時の生活感覚があまりに異常に小野をとりひしいでいたといえよう。《安》

2017年6月19日月曜日

冬の旅

   冬の旅

  夜の雲

夕霧になつても
つめたい大きな雲の峰はくづれなかつた。
榛原(はいばら)のへんで
頂から煙のやうに溶けていた。

  豊富な山

トンネルの入口に
斑のある山百合が一つ咲いていた。
水がもれている崖の
あんな高いところから押し出されて。

  みづうみ

雨中を
日本のみづうみに沿うて
汽車ははしつていた。
スタインの本だつたかな、ロブ湖。
ひよいとそんな言葉がうかんで
悲しかつた。

  暗い寒い田園の中を

深夜。
もう四時頃だらう。
その時まだ暗い寒い田園の中を
煌々として過ぎる
大宮殿のごときものがあつた。

  死

方四里。
真赤に枯れている松林を見た。
死はまさにかくあるべきだ。


「榛原」は、奈良県の中東部、大和高原の南端に位置する地域。平坦な地でも海抜300m前後あり、周囲の山は600〜800mに達します。榛原町は2006年から宇陀市の一部になりました。

「ロブ湖(ロブノール)」=写真、wiki=は、中国、新疆ウイグル自治区タリム(塔里木)盆地東端にあった塩湖。漢代、「塩沢」「蒲昌海」などと呼ばれ、その水が地下を経て黄河になると考えられました。19世紀末以来のヘディンやスタインらによる探検の結果、湖に入るタリム川、孔雀河の河道変化のために移動するとされて「さまよえる湖」といわれましたが、今日では湖域の移動は一定小範囲を超えるものではないという説が出されています。1960年代以降、両河川流域での灌漑による取水量の急増で湖への流入量が激減し、今日では塩殻におおわれた砂漠があるだけです。

「スタイン」(Stein,Sir Mark Aurel、1862-1943)は、ハンガリー生れのイギリスの考古学者、探検家。3回にわたって中央アジア探検を行ないました。第1次は 1900~01年でホータン付近で調査、第2次は 06~08年でさらに東に進み中国の新疆省各地を探検、トンホワン (敦煌) などにも足跡を印し、千仏洞を発見しました。第3次は 13~16年で、特に中国の甘粛省方面の探検をしています。多くの古文書の収集や遺物の発見を行い、古代における東西文化の交流や交通路の究明に大きな功績を残しています。第4次の探検を志しましたが、中国の官憲の迫害で実現できずに没しました。『セリンディア(Serindia)』 (1921) など、中央アジア古代史について多くの著書があります。

*これは買い出しの旅である。『奇妙な本棚』で小野が述べているところによれば、米・玄麦・薯・木炭などを買い出しに行ったときの行き帰りの汽車や電車の窓から瞬間的に見た五つの土地の風景が反映している。榛原は室生寺の近くの町でその先の伊賀上野が炭の産地であり、「日本みづうみ」は琵琶湖であり、深夜の「大宮殿」は奈良盆地の変圧所風景である。「スタインの本」は買い出しの行き帰りに車中で読んだ本ののなかの一冊である。福知山線の谷川駅へ米の買い出しに行ってやっと五升ばかり求めて帰りの窓からみた山腹の二・三本の杉の大木の枯死したありさまが方四里の松林の死である。これらの詩には、安東次男が云うように「飢餓感を覚えた者にのみ理解されうる」ものがたしかにある。たとえば「豊富な山」という題名、「豊富な」という形容詞は、以前の小野がみせたあの「夢」にまつわる語いではない。《安》

2017年6月18日日曜日

   道

道はひろく
地平につづいていた。
何かしらおそろしく重量あるものが
海へ向つたか海からきたかだ。

あの日は過ぎた。
割れた空から
淡いセピヤ色の照明がまつすぐに降りてゐる。
つけつ放し。天にはだれもいない。


きょうから第6詩集『抒情詩集』に入ります。昭和22年6月1日に爐書房(奈良)から発行されました。

扉に『詩論』211の「私が心に想像する詩の韻律は、詩をつねに『音楽』の状態と結びつけて思考する習慣から解放されていないものには感知することは出来ない。同時に、私の詩の読者が、私の書く詩の中に『音楽』を感じ、或は発見したとしてもそれを私は阻止することは出来ない」が載っています。

「セピヤ(セピア、sepia)色」は、JISの色彩規格では「ごく暗い赤みの黄」としされています。もともとギリシア語で頭足類のイカのことで、ふつうイカの墨から作られる絵の具の濃い茶色をさします。

イカの内臓分泌腺のなかで作られる黒褐色の分泌物(イカ墨)を乾燥させて、古くから顔料として使われてきました。現代では人工的に作られますが、モノクロの古い写真が色あせて茶色っぽくなったことから、郷愁をさそう古い情景や事柄を「セピア色の**」などといいます。

*淡いセピア色の照明がつけっ放しだというイメージは悲しいまでに見事に「あの日」以後の現実と小野の気持とを照らしている。この詩集の序詩とみていいだろう。《安》

2017年6月17日土曜日

日本海

   日本海

海を見たい。
八月の日本海を見たい。
そして暗い水平線の向ふの
ダフリヤカラマツやグイ松の森林を見たい。
晴れた日の蜃気のやうに
北の 東の
さらさらにその向ふの
荒漠たる奥地の世界に動いてゐる
倒木機やブルドーザーを見たい。
マシンツールのきらめく反射を浴びたい。
わが港湾から姿を消した
俺の妖精は(秘密だが)
たしかにそのあたりにゐるのだ。
かつて市振の海岸から見た
日本海の白波をおもふ。
灰緑色の大波浪をおもふ。
根焼けしてゐる海藻や
膠のやうに熔けてゐる珪藻類を想像する。
カラヌスといふ
美しい紅色のプランクトンが繁殖するのもいまごろだ。
も一度あの海を見たい。
日本海。


「ダフリヤカラマツ」は、北緯72度30分に及ぶ世界一北に分布するカラマツで、ダフリヤはバイカル湖の東からアムール川流域の西部までの地域の古称に由来しているそうです。厳しい気候に耐える樹木で、樹高30 m、幹径80 cmに達しますが、森林限界付近では樹高は低く、ハイマツのような姿をとります。

樹皮は赤みを帯びているかまたは淡褐色で、分厚く、古株の幹の下部には亀裂が走ります。針葉は明緑色で長さ15〜30 mm、球果は15〜30 mmの楕円形。「グイマツ」は、千島列島と樺太に分布するダフリヤカラマツの変種です。。

「市振(いちぶり)」というとやはり、芭蕉の「奥の細道」にある「一つ家に遊女も寝たり萩と月」という艶な句が思い出されます。越後と越中の国境にあり、その名のとおり越後の第一番の「振りだし」です。

市振はむかし、旧北陸道の難所「親不知・子不知」の西にあたる宿場町として賑わいました。市振海岸は、白亜紀の火山岩でできた山が海岸線までせまります。海岸は砂利浜で、水磨された岩石組織が美しい礫で埋め尽くされ、ヒスイを観察することもできます。

*小野の「夢」が、「中絶」のあと、また新たに躍動しようとしている。巻末に置かれたこの詩の調子は、小野自身を内部からふるいたたせるためのものではなかったか。《安》