2017年4月23日日曜日

フアブル自然科学叢書

   フアブル自然科学叢書

かぶとむし
こがねむし
蜜蜂

葡萄虫
毛虫と蝶々
毒虫類
焼けついたよな砂の上を糞玉をころがしてゆく糞虫の話
同じ鉢のぐるりをどうどうめぐりしてゐる行列虫のおろかさ
青虫の腹をちびちび食ひやぶる歩行虫(おさむし)の残忍
蠍の交尾 蜘蛛の食慾
自然へのかぎりなく深い大きな愛をもつて
わかりやすく 平易に
フアブルの語る自然科学
彼の観察はあくまで鋭く
しかも彼の眸はやさしく輝やく
何が正しく何が邪しまであるか
僕らは自然についてそれを見る
人間、僕らの社会の善や悪はなんと小さくかたまり
なんとうすぎたなく汚れてゐることだらう
そしていかに貧しい多くの人々の本能は××によつてねぢまげられてゐることだらう
彼は遠慮深く語り
大胆に暗示する
子供たちの先生
ポール叔父さん
学者や坊主や金持には用のない名だ
僕はおぼえてゐる
「フアブル、おゝ昆虫記の著者」
とチャールススタウンで死を前にしてヴアンゼツチが感激をこめて云つたのを


フランスの博物学者J・H・ファーブルの『昆虫記』は、1879~1910年に出版された全10巻の昆虫観察記録です。副題に「昆虫の本能と習性の研究」とあるように、昆虫の生活の驚嘆すべき本能や習性を冷静に観察し、ときに巧みな実験も試みて明らかにしています。

詩にもある、糞(ふん)を丸めて餌にしたり、そこに卵を産み付けるタマコガネ(フンコロガシ)の習性、ハチの一種ツチスガリの狩猟方法などの記載はとくに有名です。『昆虫記』は日本ではとくに愛読され、和訳も数多いのですが、最初に翻訳・刊行したのは十三郎にも大きな影響を与えたアナーキスト大杉栄(1885-1923)=写真=でした。1922年のことです。

大杉は軍人家庭に育ち、陸軍幼年学校に入りますが、級友との格闘が原因で退学処分となりました。その後、東京外国語学校(東京外国語大学)の仏語科に入学、谷中村事件を機に『平民新聞』の幸徳秋水らを訪ね、社会運動の世界に入ります。大逆事件で幸徳らが処刑されると、その後の運動の指導的な役割を演じます。

「一犯一語」を掲げ、収監のたびに新たな言語を習得し、翻訳・執筆で生活の資を得ていました。1919年、尾行巡査殴打事件で豊多摩監獄収監中に『昆虫記』の英語抄訳版を読み、翻訳を決意します。底本には、同年刊の仏語原書を用い、叢文閣から刊行されました。

訳者序で大杉は、ファーブルによるフンコロガシの観察について「其の徹底的糞虫さ加減!」と感嘆しています。個性と自由を尊重し「生の拡充」を唱えた持論に通じるものを感じたのでしょうか。大杉は、ダーウィンの『種の起原』も訳しています。

*小野が物事に感動するときの水々しい心の動きがよくうかがえる。と同時に、感動の方向を冷静に指示していく小野の手つきはまことに鮮やかである。《安》

0 件のコメント:

コメントを投稿